ウズラ、シャコ類の飼い方・増やし方

ウズラは小さい鳥ですから、飼育場も小さい面積があれば間に合うのが特徴です。飼育には金網床で飼う場合と、普通の土の上で飼う場合とがあり...

記事を読む

ウズラ類とシャコ類(Quail,Partridge,Francolins)

雉科というのは鶉鷄目の鳥の中で最大、且つ最も変化に富んだ科でありますが、最小はヒメウズラの体重45gから、最大はセイランとか孔雀まで...

記事を読む

雉類の飼い方

雉類では産卵期の早いカラヤマドリ、サンケイ等は3月から産卵を始めますが、一般には4月から始まり、5月がピークで、6月には下火となりそ...

記事を読む

雁鴨類の孵化日数

数種の雉類を除いては、孵化に必要な日数、すなわち抱卵日数などは不明なことが多く、特に水鳥になると割り合い鳥に詳しい筈の人でも知らず、...

記事を読む

雉類の抱卵日数~その2

ヒマラヤニジキジ 孵化抱卵日数:27~28日 産卵開始年:第二年目の春 産卵期:4月、5月、6月 雄1羽に対する雌の数:1羽...

記事を読む

ライチョウ・ウズラ類の抱卵日数

エリマキライチョウ 孵化抱卵日数:24日 ソウゲンライチョウ 孵化抱卵日数:23日 オオライチョウ 孵化抱卵日数:...

記事を読む

雉類の抱卵日数~その1

金鶏 孵化抱卵日数:22~23日 産卵開始年:最初の春 産卵期:4月、5月、6月 雄1羽に対する雌の数:1~2羽 ...

記事を読む

雉類の飼料(餌)

雉類の飼料として、トウモロコシ、小麦、大麦、コウリアン、キビ、ソバを配合します。産卵率を高める為にはビタミンに各種微量成分も必要です...

記事を読む

赤血球凝集抑制試験(hemagglutination inhibition test : HI test)

ニューカッスル病ウイルス、トリインフルエンザウイルス、EDS-76ウイルスなどのウイルス、マイコプラズマ症の原因菌であるMG、MS、...

記事を読む

ラテックス凝集反応(latex agglutination test)

間接(受け身)凝集反応の一種、ポリスチレン微粒子の乳濁液(ポリスチレンラテックス)を用いて凝集反応を行うことができます。ポリスチレン...

記事を読む

水鳥類の飼料(餌)

鴨と雁、それにスワンは人に良く馴れて長命であまり病気にも罹りませんから飼料については特別の注意はいりません。即ち養鶏飼料あるいは...

記事を読む

試験管内凝集反応(tube agglutination test)

抗体を定量するのに便利な方法です。被検血清を生理食塩液または燐酸緩衝生理食塩液で倍数希釈し(ひな白痢では12.5倍、その他は5倍から...

記事を読む

凝集反応(agglutination)

凝集素(アグルチニン)と呼ばれる物質が、赤血球、細菌などの粒子状物の表面に結合して複数の粒子状物を架橋し眼で見ることができる大きな凝...

記事を読む

水鳥類の飼育小屋・禽舎

水禽類の為の飼育場には普通は1mくらいの高さの粗目の仕切りをするだけで良いのです。この中に池と丘を作ります。犬とか狐は此の金網を登れ...

記事を読む

酸素結合免疫測定法:標識抗体法

反応の原理は酵素標識抗体法と同じですが、抗原や抗体をポリスチレンのチューブやマイクロプレートなどの支持体に結合(固相化)させ反応を行...

記事を読む

酵素標識抗体法:標識抗体法

単に酵素抗体法とも言います。本法の原理は、FA法と同じです。つまり、蛍光色素で抗体を標識する代わりに、酵素で標識した抗体(酵素標識抗...

記事を読む

雉類の飼育小屋・禽舎

雉類の飼育小屋の概要 普通の大きさの雉類には縦横が2mと4m、高さは人間が立って入れる程度の2mで良いです。特別大きい鳥、孔雀、セ...

記事を読む

蛍光抗体法(fluorescent antibody test : FA test):標識抗体法

組織内あるいは細胞内に存在する微生物などの抗原性物質を蛍光色素で標識した抗体(蛍光標識抗体)と反応させ検出する方法です。 ...

記事を読む

寒天ゲル内沈降テスト(agar gel precipitation test : AGP test:血清学的検査法

二重免疫拡散法、オクタロニー法とも呼ばれます。通常1%の寒天ゲルを用い、スライドグラス、シャーレに厚さ2~5mmになるように寒天の平...

記事を読む

遺伝子診断法

ポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction:PCR)法は英語名の頭文字をとって単にPCR法というこ...

記事を読む

スポンサーリンク