ノミやマダニが媒介する恐ろしい病気

マダニ
マダニ

↑これがマダニです。マダニが持つ「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」で亡くなった患者さんの感染経路が猫からだった疑いが強いことが、厚生労働省の発表で明らかになりました。SFTSが発症した場合、治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンはありません。そのためペットの適切な予防処置が必須なのです。

ノミやマダニは感染症を媒介

犬猫・フィレット・ウサギなど体全体が毛で覆われている動物にとって付着しやすい寄生虫のナンバーワンはノミやダニになります。


皮膚に付着し血を吸うことから痒がるしぐさを見せることでわかりますが、ノミやマダニは単に痒くなる原因だけではなく、様々な病原菌をその体内に持っている場合が多く、これらを感染源としてペットに様々な病気をもたらす事があります。

ノミやダニが原因となる病気は主に以下のとおり

・バベシア症
・疥癬症
・ニキビダニ症
・ツメダニ症
・アレルギー性皮膚炎
・犬条虫症

とくにバベシア症は、赤血球に寄生・破壊する寄生虫であり、体内で増殖することで重度の貧血を起こす病気です。各種循環器不全を招き、時にペットの急死の原因ともなる恐ろしい病気です。


発生症例が多いのはアレルギー性皮膚炎であり、四肢やお尻付近にかけての皮膚が著しく炎症をおこし脱毛を起こします。猫などの爪の鋭い動物の場合は自分で掻くことによりさらに症状を悪くする傾向もあります。


犬条虫症やサナダムシの寄生もノミやダニによって引き起こされます。食欲不振となり仔犬や若犬などの成長を著しく阻害する原因ともなる寄生虫です。

室内飼いといえども注意しましょう

室内飼いである犬・猫にしてもノミやダニは付着することがあります。運動を必要とする犬などは外に出る機会もおおく、その際にマダニ等を付着させて帰ってきてしまう場合もあります。ノミやマダニから守るにはしっかりとした予防、駆除が何よりも大切です。


野良猫だった猫を飼う場合や、野良猫が産んだ仔猫を引き取る場合も注意が必要です。外飼いもしくは野良の場合はまず100%といっても良いぐらいにノミやマダニが付着していますので駆除は必須になります。

ノミ、ダニの予防は月に1度の投薬で大丈夫

ネクスガード
ネクスガード

ノミ・ダニの予防駆除薬はネクスガード(中型犬用/10〜25kg)が有名です。一回使用するだけでノミ・マダニを駆除してくれます。効果は1ヶ月持続します。ソフトチュワブルタイプですので食いつきも良いです。


家飼いする猫の場合も、貰われた直後と翌月には使用してすぐに駆除をおこなっておきたいところです。EU版レボリューション/ストロングホールド(猫用/2.6〜7.5kg)


[レボリューションEU版]ストロングホールド(中型犬用/10.1〜20kg)は蚊に刺されることで寄生される恐ろしい犬の病気フィラリア症の予防にも効果があります。全ての寄生虫に対するガードをおこなうこれらのお薬はペットを飼う人の常識として必ず投薬しておくべきです。

スポンサードサーチ