万能生餌のミルワーム

鴨や鶏が大好物のミルワームです。年中与えていますが、特に産卵期には多給します。あと、体調不良で食欲のない個体や雛、病鳥・老鳥などでも食べてくれる万能生餌です。特に痩せた個体に与えて復調させるのにも良いですよ。イシガメやクサガメもおやつ程度に与えます。


ミルワームは高カロリーなので、主食としての利用は勧められませんが、飼育初期の餌付けには大変有効です。活餌は動くので反応が良いですね。繁殖も簡単と書いてあったので自家繁殖を試しました。


まず、衣装ケースに【フスマ】や米糠を大体3cm位入れます。フスマとは小麦を粉にするときに出来る皮のくずです。フスマや米糠自体、ミルワームの餌にもなります。そしてパック入りのミルワーム(30匹位?)を入れてメインの餌として、新鮮な葉物野菜やドッグフードを入れます。ここで注意点があります。カビの原因となりますので、野菜等の水気は必ず拭き取って下さい。


飼育温度は、20℃程度をキープ。


ミルワームを繁殖させる方法は基本放置で、古くなった野菜を取り換えたり少なくなったフスマや米糠を追加したり、脱皮した皮や死んだミルワームを撤去するだけです。


ミルワームは産卵して、卵から孵化するのが約1ヵ月で、幼虫となり脱皮を繰り返して蛹になり成虫となりますが、ミルワームを繁殖させて殖やす場合に気をつけなければならないのは幼虫から蛹になったときに蛹を別の容器に移すことです。


ミルワームは幼虫、成虫のときも雑食性なので蛹は放置してしまうと食べられてしまいます。そのため繁殖する際には幼虫、蛹、成虫の3つの容器に分けるようにした方が良いでしょう。


目安としてはミルワームが大きくなってきてからはこまめにザルで振るって幼虫が蛹になっていないか確認するようにします。もちろん成虫になっていたら別容器に移しててください。


このような感じでミルワームは比較的簡単に飼育・繁殖することができます。

NEXガード
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
スポンサーリンク