コウテイペンギン

コウテイペンギン
コウテイペンギン

●コウテイペンギン

清浄な空気のところに常住し、汚れた空気のところだとアスペルギルスと呼ぶカビの胞子を吸い込み、肺炎のような症状を呈して簡単に死んでしまいます。


5月(南半球では冬)に1個だけ産卵、雄が卵を自分の両足の上に乗せ、その上を毛皮で包んだように皮膚(羽)で被い、63日ぐらい食べ物をも摂らずに温め、7月に雛が孵ります。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280