検査・診断法一覧

赤血球凝集抑制試験(hemagglutination inhibition test : HI test)

ニューカッスル病ウイルス、トリインフルエンザウイルス、EDS-76ウイルスなどのウイルス、マイコプラズマ症の原因菌であるMG、MS、...

記事を読む

ラテックス凝集反応(latex agglutination test)

間接(受け身)凝集反応の一種、ポリスチレン微粒子の乳濁液(ポリスチレンラテックス)を用いて凝集反応を行うことができます。ポリスチレン...

記事を読む

試験管内凝集反応(tube agglutination test)

抗体を定量するのに便利な方法です。被検血清を生理食塩液または燐酸緩衝生理食塩液で倍数希釈し(ひな白痢では12.5倍、その他は5倍から...

記事を読む

凝集反応(agglutination)

凝集素(アグルチニン)と呼ばれる物質が、赤血球、細菌などの粒子状物の表面に結合して複数の粒子状物を架橋し眼で見ることができる大きな凝...

記事を読む

酸素結合免疫測定法:標識抗体法

反応の原理は酵素標識抗体法と同じですが、抗原や抗体をポリスチレンのチューブやマイクロプレートなどの支持体に結合(固相化)させ反応を行...

記事を読む

酵素標識抗体法:標識抗体法

単に酵素抗体法とも言います。本法の原理は、FA法と同じです。つまり、蛍光色素で抗体を標識する代わりに、酵素で標識した抗体(酵素標識抗...

記事を読む

蛍光抗体法(fluorescent antibody test : FA test):標識抗体法

組織内あるいは細胞内に存在する微生物などの抗原性物質を蛍光色素で標識した抗体(蛍光標識抗体)と反応させ検出する方法です。 ...

記事を読む

寒天ゲル内沈降テスト(agar gel precipitation test : AGP test:血清学的検査法

二重免疫拡散法、オクタロニー法とも呼ばれます。通常1%の寒天ゲルを用い、スライドグラス、シャーレに厚さ2~5mmになるように寒天の平...

記事を読む

遺伝子診断法

ポリメラーゼ連鎖反応(polymerase chain reaction:PCR)法は英語名の頭文字をとって単にPCR法というこ...

記事を読む

中和試験(neutralization test : NT):血清学的検査法

ウイルス感染症の診断に用いられる最も信頼性の高い方法です。ウイルスと抗体を混合し一定時間反応させた後に(抗原抗体反応)、ウイルスに感...

記事を読む

外部寄生虫検査法:寄生虫検査法

虫体採取法 羽毛の外部からは寄生が判別しがたいので、羽毛をかき分けて皮膚や羽毛の付着部を注意深く観察して虫体を採取します。寄生部位は同...

記事を読む

糞便検査:寄生虫検査法

消化管寄生性のものでは、糞便中に虫卵、片節、オーシストなどが排出されるので、糞便検査が診断の基本となります。 浮遊法(定性...

記事を読む

消化管内虫体の検査:寄生虫検査法

線虫・条虫の検査法 消化管を切開し虫体を採取します。粘膜中に深く頭部を差し込んで寄生する種では、頭部が粘膜に残らないように注意深く採取...

記事を読む

スポンサーリンク