禿げタヌキを治療したいんだが~其の3

疥癬タヌキ
疥癬タヌキ

雄タヌキへの3回目のイベルメクチン投与が完了しました。


もう夏毛へと換わっていて、脱毛箇所もありませんし完治していると思われるのですが、念の為に投薬しました。


本当は、雌タヌキへも薬剤投与したかったんですが、ここ数日現れないんですよね。まぁ、今は食べ物も沢山あるし民家に近寄らなくても活動出来ているものと思われます?また疥癬とかで具合が悪くなったら現れることでしょう。


取り敢えず、雄タヌキへの投薬は今回で終わりです。


疥癬症が改善すると共に非常に警戒心が強くなっています。本来、野生動物は臆病な性格だから人目に触れる所には出てこないはずですし、容易に人目に触れる所に現れる個体は何かしら病気を患っている可能性があります。


近年、疥癬タヌキは非常に多いと聞きますし、このようなブログ記事を書いていると問い合わせやご意見も多く寄せられます。野生動物だからそのままにしておいた方が良いのでは?とか自然の摂理に任せるべき等、色んなご意見がありましょうが、見ちゃったんでね…なんともですね~お節介は続けます…


まぁ参考になれば幸いです。
禿げタヌキを治療したいんだが~其の1
2~3年くらい前から野生のタヌキが自宅周辺の住宅地で見掛けるようになって、夜間に自宅庭にもちょくちょく出没していました。本来タヌキは、干拓地の土手周辺の草むらに居たんですが、法面の草むらが全てコンクリートへと置き換わり住宅地周辺に住処を移したものと思います。当時は毛もフサフサのタヌキだったのですが、どうも疥癬症に罹って...
スポンサードサーチ