イシガメが産卵したので卵を回収しました。

イシガメが産卵したので卵を回収しました


甲長24cmのニホンイシガメが産卵したので、埋め戻しが終わったのを確認後、直ぐに卵を回収しました。我が家では年中庭で放し飼いをしていますので産卵した場所に目印を付けておいて後から回収します。


産卵の兆候としては庭を行ったり来たりしたり、試し掘りをしたり、急に食欲が無くなるなどの個体はそろそろ産卵が近いんだなということがわかりますのでチェックしています。


回収した卵はプラケースに濡らした水苔を敷いて、卵は洗ったりはせずに並べて風通しの良い暗所にて保管します。順調に成長していれば2ヶ月くらいで仔亀が誕生します。


因みに昨年は、56日で孵化しました。


イシガメの卵
イシガメの卵



卵の管理ですが、当方は毎日1回霧吹きのみです。毎年このような管理方法ですが普通に孵化します。


イシガメが産卵したので卵を回収しました
イシガメが産卵したので卵を回収しました



穴掘り・産卵は大仕事!産卵後は水の中で休みます。


イシガメが産卵したので卵を回収しました
イシガメが産卵したので卵を回収しました



孵化は、2019年08月13日以降くらいでしょう。我が家にはイシガメの他、日本産クサガメ、オオアタマクサガメなどを飼育していて卵を分譲したりしますが、結構評判が良いようです。
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280