小鳥一覧

和鳥の餌(すり餌)

すり餌の調合は、鳥の種類や季節によっても変えるもので、秘伝になっているものが多いようです。一般には植物質に対する動物質(川魚)の配合...

記事を読む

ウグイス・メジロ・オオルリ

燕雀目ウグイス科の鳥で、日本の三名鳥の一つになっています。この鳥は、南方系のものですから、広葉樹林や笹藪のあるところに多く居ます。巣...

記事を読む

カナリヤ・雛の育て方

卵は14日すると雛が孵ります。雛が生まれますと親鳥は雄と雌で餌を運びます。雛の餌は親鳥が適当に細かくして、それに青菜やボレー粉を加え...

記事を読む

カナリヤの品評会

雛が若鳥になると、まずその品評会が行われます。毎年8月ごろから全国各地で開かれ、それぞれの特徴にしたがって審査されます。例えば、アカ...

記事を読む

カナリヤの巣引き

カナリヤは2月から7月までに4回ぐらい雛を孵すことができます。カナリヤの巣引を行うには、庭箱といって全面だけが金網になっている木の箱...

記事を読む

カナリヤの飼い方

カナリヤは鳴き声を楽しむ鳥ですから、良く鳴くように飼わなければなりません。其の為には、3月の繁殖期になるまでは、雄と雌を別々に飼う事...

記事を読む

珍しいカナリヤ

●ボーダーファンシー イギリスで作り出された羽の美しい大型カナリヤ。元は黄色で、今は緑や栗色もあります。 ●ノーウィッチ...

記事を読む

鳴き声を聞く鳥【カナリヤ】

カナリヤ 燕雀目スズメ科の鳥で、原産地は大西洋上にあるカナリー群島です。今でこそ美しい色彩をしていますが、野生のものは日本のマ...

記事を読む

手乗りブンチョウの育て方

手乗りブンチョウを育てるには色々なやり方がありますが、ふつうは雛が産まれて7日目ぐらいまでの、まだ目の開かないものを巣から取り出し、...

記事を読む

手乗りブンチョウ

ブンチョウは良く人に馴れる性質がありますので、雛のうちから可愛がってやりますと、人を少しも恐れなくなるばかりでなく大変良く懐きます。...

記事を読む

ブンチョウの飼い方

ブンチョウはまき餌の鳥ですから、ヒエ、アワ、キビなどを混ぜたものを与えます。原産地では稲を食べているので、小米を与える事もあり、発情...

記事を読む

ブンチョウ(文鳥)の種類

ブンチョウは燕雀目キンパラ科の鳥で、ジャワ、マライ方面の水田などに多く居て、原産地では稲の害鳥とされています。今では3品種います。こ...

記事を読む

洋鳥を飼うためには

洋鳥とくにフィンチ類を飼うためには、是非守らなければならないことが沢山ありますが、第一に注意しなければならないのは脂肪過多にならない...

記事を読む

キンランチョウ・オオキンカチョウ・シコンチョウ

●キンランチョウ アフリカ原産の鳥で、雄の全身は黄金色をしていますから雌とはすぐ区別できます。巣引はあまりうまくいきません。 ...

記事を読む

コウカンチョウ・コウヨウチョウ

●コウカンチョウ スズメ科のやや大型の鳥で、雄の頭部は美しい鮮紅色ですが、雌は地味です。原産地はブラジル。 ...

記事を読む

テンニンチョウ・セイキチョウ・ムナジロシマコキンチョウ

●テンニンチョウ キンパラ科に属し、アフリカに原産する鳥で、雄は長い尾をもち非常に美しいのですが、雌の尾は短いです。 ...

記事を読む

キンセイチョウ・サクラスズメ

●キンセイチョウ キンセイチョウにはオナガキンセイチョウ、シュバシキンセイチョウ、キバシキンセイチョウの3種があります。皆、オ...

記事を読む

コモンチョウ・ギンパラ

●コモンチョウ コモンチョウはオーストラリアに原産する中型のフィンチで、高級フィンチの部類に属します。全身が美しい浅黄色で、雄...

記事を読む

コマチスズメ・ホオコウチョウ

●コマチスズメ コマチスズメはオーストラリアに原産するキンパラ科の鳥で、高級フィンチの代表的なものです。雄は黒褐色の地に深紅色...

記事を読む

古代キンカチョウ

燕雀目キンパラ科の鳥で、オーストラリアに原産します。たいへんに美しい小型の鳥で、動作が愛くるしいのでジュウシマツに次ぐ大衆的なフィン...

記事を読む

スポンサーリンク
広告336×280