手遅れになる前に!フィラリアの予防や対策してますか?

フィラリア検査
フィラリア検査

フィラリア症とは



フィラリアとは寄生虫の一種であり、主に犬を宿主とすることが多い。


体内に侵入した後、循環器内に寄生し、心臓または肺動脈に住み着くことで宿主を腎不全に陥らせることがあります。


アカイエ蚊やアブなどを媒介として感染するほど幼虫期は小さく、その後寄生虫は体内で脱皮を繰り返し最長30cmほどの大きさにまで成長いたします。


フィラリア発生から死滅まで5年ほどのサイクルであり寄生虫の中では長寿な部類に入ります。フィラリア症が発症すると犬は咳きをするようになり、食欲があっても運動を拒否するような傾向を見せるようになります。


その後、末梢血管や腎機能が低下し腹水がたまるなどのはっきりとした症状がでてくるのも特徴です。


血管内で大きく成長する寄生虫の為に、その死骸が血管に詰まることで循環機能を阻害して急死することもある怖い病気の一種です。


予防と治療は可能です



フィラリア症にかからない為には予防が必要です。フィラリア予防薬を定期投与することで愛犬をフィラリアから守ることが可能です。


寄生虫であるフィラリアは急激に宿主である犬を死に至らしめることはしません、場合によっては犬と共生することも可能な寄生虫の一種であります。


しかしながら治療や予防を全くせずにいますと循環機能を著しく低下、もしくは破壊してしまう恐れがあります。


血管に寄生するため、あまりに数が多い場合は投薬にて殺虫すると死骸が血管に詰まり、かえって危険な状態になる可能性もあります。


できるかぎり早い時期(蚊が発生する前)から予防を行い、感染してしまった場合にも早期の治療が必要です。


目に見えて症状が出た場合には手遅れの場合もあり、外科手術でフィラリアを取り出す事も一応は可能ですが、予後が思わしくない場合が多いと聞きます。

猫、人にも感染する場合も

猫にフィラリアは感染するの?
猫にフィラリアは感染するの?

フィラリアは犬が感染する寄生虫と思われていますが、蚊を媒介にするために人間や猫にも感染する場合もあります。


またフィラリアは象皮病の原因ともいわれております。


家飼いされている場合、心配は少なくすみますが外飼いなさっている猫の場合はフィラリアに感染する可能性も高くなりますので出来るだけ屋外には出さない方が無難です。

ペットをフィラリアの脅威から守るために



愛犬を死に至らしめるフィラリア症、その脅威から守るためには早期予防がなによりも必須です。フィラリアに関する知識をもち、愛犬の健康状態につねに気をくばることで恐ろしいフィラリア症からペットを守ってあげましょう。

フィラリア症の主な原因は蚊

フィラリアの予防や対策してますか?
フィラリアの予防や対策してますか?

犬にとても怖い病気であるフェラリア症、その主な感染経路はアカイエ蚊となっています。


フェラリアは血管内に寄生する寄生虫であり、その特性のひとつとして幼虫期、定期的に末梢血管に移動し蚊などの吸血生物に吸われやすい位置へわざわざ移動するという行動を行います。


これによりフィラリアを体内に持つ犬から蚊を媒介して他の犬などに広まっていくという特性を持っている寄生虫です。


蚊に刺されないことが何よりの予防であり、室内飼いの場合は心配が少なくなりますが、中型・大型犬は外飼いされている場合が多く、フィラリアを持った蚊に刺される可能性は高くなります。


蚊の発生時期前から予防薬を摂取させるか、かかってしまった場合には治療薬があるために早期に使用して駆除を心がけたいものです。


●フィラリア症の予防薬、治療薬はネットでも購入可能です。
《徹底比較》犬用フィラリア予防薬

蚊以外の感染経路



体内で成長したフィラリアは、他の寄生虫同様に産卵しその数を体内に増やします。


この幼生体や卵は体内の循環に伴い、全身を巡り、時に尿や排便などから排出されることともあります。


これらに他の犬が触れることでも感染することもあり、また交尾によって感染するケースもあるようです。


多頭飼いされている場合では1頭がフィラリアに感染している場合、その犬との接触により他の犬もフィラリアを保有している可能性もでてくるために発症している犬が居る場合には他の個体も検査を受けるほうが良いでしょう。

フィラリア症の症状



フィラリアの感染にともない発症するフィラリア症ですが、寄生したフィラリアの数が少ない時には症状が表に出てくることはなく、犬も自覚症状を持ちません。


しかし、体内で成長しその数が増えてくると徐々に犬の健康を蝕む症状を見せてきます。


このイヌフィラリアの症状はゆっくりとその症状がでる慢性症と急に犬の体調が崩れ、時に急死する原因となる急性の2種類の症状がでることがあります。


主に外部に出てくる症状としては。

・咳きを繰り返す

・食欲があるにも関わらず体重が減る

・運動などを嫌がり伏せていることが多い

・痒みをともなう皮膚病の発生

・四肢のむくみ

・腹水

といった症状が出ます。


肺に寄生したフィラリアによって肺機能が低下し、咳き込むことがあるため、犬が咳きを繰り返す場合などはフィラリアの感染を疑うべきです。


むくみや、腹水がたまるなどの症状が出ている場合は腎機能がかなり低下している腎不全に陥っている可能性が高く、症状としては末期に近い症状です。このような状態だと外科手術によりフィラリアを摘出しなければなりません。ただし寄生部位などによっては手術が出来ない場合もありますし、そうなる前に予防と早期治療がなによりも必要となるのです。


フィラリアの予防薬はフィラリアの幼虫のみを体内で殺す効果があります。


蚊に刺されて体内に侵入したフィラリアの幼生体のみに効果があり、すでに寄生しているフィラリアには効果がありません。


そのために予防薬を使用する前に動物病院などで検査を受けておくほうが良いでしょう。フィラリア予防薬は月一度経口摂取するだけでよく、効果は1ヶ月持続いたします。


蚊の発生前から薬剤投与を始めるのが一般的な予防方法です。


本州などでは5月から蚊の姿をすっかり見なくなる11月ぐらいまで投与をしますが、最近は困ったことに環境によっては蚊の越冬がみられる為、地域によって通年与え続ける必要がある事もあります。


「都市部だから蚊の心配は」と思っている飼い主さんが多いようですが、人の多い都市部のほうが通年の気温が高い事もあり一年を通して蚊が発生する傾向があります。


沖縄や九州、または水源に近い地域でも蚊が一年通して見受けられることがあるためにこのような環境で犬を飼っている方はつねにフィラリア予防薬を与えた方が万全といえます。

フィラリアワクチンと検査薬



フィラリアの予防投薬を行う前に必ず動物病院では血液検査を行います。


これは既に体内にフィラリアが存在するかしないかの確認のためです。


予防薬で駆除できるのはミクロフィラリアと一般に呼ばれるフィラリアの幼生体のみです。


フィラリアの検査には血液を顕微鏡で鏡検と検査キットを使用した抗原検査の2種類があり、両方をほとんどの病院でおこないます。


高原検査にはアニマルヘルス社より販売されている「ソロステップ」という検査キットを使用している病院が多いようです。

フィラリア予防薬とワクチン

フィラリア予防薬とワクチン
フィラリア予防薬とワクチン

フィラリア予防には一般的には食事などに混ぜて与える経口薬がありますが、注射によるワクチン接種もあります。


経口摂取薬の場合は1ヶ月に1度与える必要がありますが、注射の場合は1回の接種で12ヶ月効果が持続しますのでオススメです。
スポンサードサーチ