鶏への強制給餌や投薬は苦手

鳥類の気管
鳥類の気管

黒矢印の部分が気管です。投薬や強制給餌の際に誤って気管に入れてしまうと死亡しますので注意しなければいけません。


アヒルやマガモにシリンジを使用しての強制給餌をしたことはあったので、鶏も同じ要領でと2人一組でシリンジを使用した投薬をしました。


保定してもらい私が投薬をします。アヒルや鴨ですと、両手で両翼を押さえてもらい私が左手の親指と人差し指で鳥の嘴の付け根をこじ開ければ舌が露出し、舌の付け根に気管が確認できるので、気管を避けて側面にチューブを添わして一気にシリンジをシュッとすれば良いのですが、鶏の場合ですと、なんと、舌がないのですよ!というか舌が見えない


困った、投薬中止です。


気管が確認できない状態での投薬や給餌は大変危険です。すぐにネットで検索して調べてみると、鶏の場合は写真のように頸と嘴をまっすぐにすると気管が見えます
鶏への投薬
鶏への投薬

できるだけ顔を上方に向けると気管が良く見えます。
鶏への強制給餌や投薬にはコツがあります
鶏への強制給餌や投薬にはコツがあります

この日はシリンジでの投薬は止めて別の方法を試しました。別のケージに隔離して飲み水投与でも良いのですが、夏場と違ってあまり水を飲まないんですよ。そこで生卵を使いました(笑)


黄身と白身を分けて白身だけ小さな飲み水容器に入れます。そこに薬水を少し多めに入れて鳥のところに持っていくと喜んで飲みますし、殆ど全部飲み干します。まぁ邪道なやり方ですが薬を飲んでくれないと困るし、黄身は人間がタマゴかけご飯にして食べます。


注意!


※ドキシサイクリンはカルシウム、マグネシウム、アルミニウム、鉄剤等が含まれるものとの併用は本剤の吸収が低下し、効果が減弱する恐れがありますので、カルシウムが多い生卵の黄身を与えない方が良いです。(後で知った…)


※自信があればシリンジを使った投薬でも良いですが、飲み水投与がおすすめ。


抗生剤投与終了後、当方は必ず3~4日ビオフェルミンやエビオス錠(整腸剤)を与えます。(腸内環境改善の為)
スポンサーリンク