産卵低下症候群-1976(EDS-76)

産卵低下症候群-1976(EDS-76)
産卵低下症候群-1976(EDS-76)

病名
産卵低下症候群-1976(EDS-76)

病因
EDS-76ウイルス

主な宿主

発症日齢
30~40週齢に多発

病気の伝播
ケージ:遅い

平飼い:速い

介卵、水平

死亡率
死亡は無い

症状
産卵率の低下(一過性のV字型の低下)、異常卵(無殻卵、薄殻卵、破卵、退色卵)産出

肉眼病変
子宮部粘膜ひだの水腫性腫脹、子宮部腔内の白色あるいはチーズ様滲出物

診断
臨床・組織所見、ウイルス分離、FA抗原検出

血清反応:HI

予防・対策
ワクチン

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280