病気の診断って大切

イソジンうがい薬
イソジンうがい薬

病気を特定することが大切なんだけど…

個人でも検査機関へ検査依頼に出すことは可能らしいんだけど、検査結果には1週間~2週間程度掛るとのこと、そんなに待てないよ。


なので、素人の予想診断で投薬を開始しますが、マクロライド系が効かない、テトラサイクリン系でも効かない、ニューキノロン系でも効かない、細菌が悪さしてないんか?じゃぁ何だ?真菌(カビ)か?ウイルスか?ウイルス感染だったらとっくに落鳥している筈。


多分、真菌(カビ)だろうな、抗真菌薬だとイトラコナゾールとかケトコナゾールとかジフルカンを使うらしいんだけど持ってないし、ずーっとネットで情報あさりしているとレース鳩飼育者のブログでイソジンでの水浴びをさせたとの記事を見つけた。


イソジンうがい薬は確か家にあったよな?効果効能を見てみると、真菌やウイルスを殺菌と書いてある。だけど消毒薬だよな…飲むもんじゃないし、まぁでも人間が使うものだしと試しに隔離して1回だけ500ml程度の水に5滴たらして飲水投与させました。


翌朝、あれほど酷い開口呼吸が治まっているじゃありませんか!マジか?イソジンうがい薬の成分が効いたのかは不明ですが、何かしら作用した??


この話は例の大和軍鶏(♂)のことで、完治していたのですが或る日突然またもや呼吸器症状が出てもう八方塞がりお手上げ状態でのことです。

神にも縋るではないですが、自己責任で試してみました。


現在は食欲もありますし特に問題はありません。然し、油断はできないと感じています。


大丈夫とは思いますが、この冬を乗り切ってくれればもう安心です。


結局病名が分かりませんし、多分、いろんな病気の混合感染ではないかと思いますが、種鶏としては使えないでしょう。


鶏マイコプラズマ病だったとしたら介卵感染もありますし種卵を分譲した先方さんにも迷惑が掛かりますからね。


まずは体力をつけさせて発病しないように衛生管理および消毒を徹底することに注力します。

スポンサーリンク