鶏の趾瘤症(バンブルフット)

鶏の趾瘤症(バンブルフット)
鶏の趾瘤症(バンブルフット)

鶏の趾瘤症(しりゅうしょう)

趾瘤症は、足底中足骨部や趾球部、あるいはその両方の腫脹、表皮剥脱および潰瘍を特徴とする慢性炎症です。


ほとんどは平飼いの鶏でみられます。糞尿により湿った敷料床面で長時間飼育されると、濃度の増したアンモニアの影響や外傷、ストレスによって粘膜あるいは皮膚のバリヤーが障害され、鶏体、糞、あるいは環境内にいるブドウ球菌が結合織へ侵入・増殖し、潰瘍を伴った化膿性皮膚炎を起こします。


趾瘤症が重症化すると化膿性骨髄炎となり、脚部の軟骨壊死を伴い歩行困難、起立不能等の症状が表れます。

抗生物質軟膏とくっつく包帯
抗生物質軟膏とくっつく包帯

焼いても治りません

鶏の趾瘤症(バンブルフット)
鶏の趾瘤症(バンブルフット)

足裏のコブをカッターナイフ等で削ぎ取り、大量に出血するので止血の為に半田ごてで焼いて止血する方を見たことがありますが、こんなことをしても治りません。(然も麻酔もせずに)


足裏に大火傷を負わして、結局、歩行困難となり処分された軍鶏を見たことがあります。


重症でなければ適切な抗菌剤の投与と、コブが化膿している場合は抗生物質入り軟膏を塗り自着生包帯で養生していれば1週間くらいで改善します。


まずは予防することが重要で、飼育環境や食餌内容を改善し(餌を減らせという意味ではありません)肥満にならないように管理する必要があります。

2019/4/15日追記:大和軍鶏の趾瘤症

鶏の趾瘤症(バンブルフット)
鶏の趾瘤症(バンブルフット)



我が家の鳥は(カモや軍鶏)毎日足や足裏のチェックをしているのですが、大和軍鶏の雄の両足の足指に小さなコブが出来ていて、少し化膿していたので抗生物質入り軟膏を塗って包帯を巻いて養生しておりましたが、表面上化膿は治りましたがコブが硬くなりコブ自体も大きくなっているようなのでオロナインH軟膏を試しています。


鶏の趾瘤症(バンブルフット)
鶏の趾瘤症(バンブルフット)



5cm幅のくっつく包帯を10cm程度半分にハサミで切ります。


鶏の趾瘤症(バンブルフット)
鶏の趾瘤症(バンブルフット)



流水で汚れた足を良く洗ってから軟膏を塗って足指に巻きます。コブが小さくなるまで根気よく手入れする必要があります。


鶏の趾瘤症(バンブルフット)
鶏の趾瘤症(バンブルフット)



コブが柔らかくなりましたので、マッサージをしながら様子をみてみます。
NEXガード
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
スポンサーリンク