ジュケイ Tragopan

ジュケイ
ジュケイ


ジュケイは印度、ビルマ、支那の高山にいる鳥で、支那ではツノ雉と言っています。


中々立派な又高価な鳥ですが、適当な注意の下で飼えば繁殖も容易で、人にも良く馴れる鳥です。雉類では大きい方です。


5種ありますが、入手できるのはヒオドシジュケイとベニジュケイ及びジュケイの3種です。


自然界ではジュケイは木の芽、葉、果実、種、昆虫などを食します。


巣は枯枝を集めて樹の上で作り、普通の雉に見られる様な大地では致しません。


主調の色は赤で、他に褐色、黒、バフという様な色があります。


頭上には角羽を持っているのですが、平素は羽の中に隠されてあって見えません。


繁殖期になると、2本の角を立てます。喉からは非常に美しい肉垂が、此れも繁殖期でないと出しませんが、垂れ下がって出てきます。


此の肉垂は七面鳥にもありますが、ジュケイのはもっと上品です。


ジュケイの此のディスプレーは自然界の一大驚異だとデラクール博士はいっておられますが、正に其の通りです。


嘴は短いです。また、蹴爪も短いです。
スポンサーリンク