マレック病(MD)(届け出伝染病)

マレック病(MD)(届け出伝染病)
マレック病(MD)(届け出伝染病)

病名
マレック病(MD)

病因
MDウイルス

主な宿主
鶏、ウズラ

発症日齢
鶏:3週齢以上(2ヶ月齢以上に多い)

ウズラ:6~7ヶ月齢以上に多い

病気の伝播
遅い、水平

死亡率
古典(定型)的MD:10%以下

急性MD:通常30%以下

症状
削痩、脚・翼・頸などの麻痺症状、歩行異常

肉眼病変
末梢神経の腫大、筋肉・皮膚その他諸臓器に腫瘍形成

診断
臨床・剖検・組織所見、ウイルス分離

血清反応:有用ではない

予防・対策
ワクチン

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280