シメ・コカワラヒワ・ノゴマ

シメ
シメ



シメは北海道では繁殖しますが、本州では冬鳥です。シーと鳴いて通常、高い枯れ枝に単独でとまっています。嘴が太く、やや胴長で尾の短い姿に特徴があります。


コカワラヒワ
コカワラヒワ



留鳥でキリキリ、ジーンと鳴き、地上で餌を探します。また群がって飛び立ち、円形に飛んだり木に集ったりする習性があって、野山や市街地にもいます。


ノゴマ
ノゴマ



ノゴマはツグミ科の鳥です。しかし雄は喉が美しい赤色です。夏鳥として渡来しますが、本州ではまだ繁殖例が知られず、北海道へ渡る途中に通過します。
広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280