グリフォンハゲワシ・コンドル

グリフォンハゲワシ
グリフォンハゲワシ

●グリフォンハゲワシ

グリフォンハゲワシはアフリカの北東部からスペイン辺りに見掛ける1種です。ハゲワシはアフリカでもインドでも死肉を見つけると、早速舞い降りてきて貪り喰います。


多数集って、争い喚きながらシマウマだのカモシカだのを啄み、やがて骨だけにしてしまいます。別の種類のハゲワシは骨片までも食べるものがあります。


獣ではハイエナやジャッカルがハゲワシ同様、熱帯地方での清掃人の役割をします。


コンドル
コンドル

●コンドル

コンドルは飛ぶことのできる鳥の中では最大種で、翼を左右に広げて2.7m、翼長0.8m、アンデス山脈の高地に生息しています。雄は頭上に肉冠、喉や上胸に肉垂があり、その下部には白色の柔らかな襟巻を持っています。


脚は普通のワシ類ほど頑丈ではなく後ろ脚が短く爪は鈍い。ハゲワシと同じように死獣を突き食べるので、後脚で物を掴む力が弱くても差し支えないのでしょう。


飛ぶ力と視力は極めて優秀です。

NEXガード
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
スポンサーリンク