珍しいクサガメ

クサガメには5種類います 当地方のクサガメの種類(血統?)にはオオアタマクサガメ・日本産クサガメ・中国産クサガメ・交雑クサガメと今回の...

記事を読む

オオアタマクサガメや日本産クサガメが生息しているクリーク

巨大オオアタマクサガメが棲息中 ●ポイント① 水底は柔らかい泥地で、冬眠の際は中央部付近の泥に潜って冬眠します。 ●ポイント②...

記事を読む

仔犬や仔猫をパルボウィルスから守るための飼い主の対策

猫カフェっていらない 関東の有名な猫カフェで猫パルボウイルスがまん延しているのにも拘らず営業を続け問題となっています。(臨時休業中?)...

記事を読む

薬用シャンプーで疥癬や膿皮症予防

人にも感染るヒセンダニによる疥癬 疥癬(かいせん)とはヒゼンダニによる皮膚感染症の一種で、皮膚に赤い湿疹ができ強い痒みをひきおこします...

記事を読む

鶏脚疥癬にも効く六一〇ハップ(ムトウハップ)

六一〇ハップ(ムトウハップ)の効能 な、ナンと!ムトウハップを貰いました(しかもタダ)Uさま、ありがとうございます。 ムトウ...

記事を読む

犬の慢性炎症及び関節炎

お腹を壊しやすい、体質ではなく慢性炎症の可能性も お腹をくだしやすい犬や嘔吐することがよくあるという犬は胃腸が弱いという体質と決め付け...

記事を読む

犬や猫の眼や耳、デンタルケアの重要性

ペットも見た目だけではなく健康のためにも清潔に 体毛がびっしり生えた犬や猫は眼や耳に抜けた毛が混入しやすく、それが原因で眼ヤニや結膜炎...

記事を読む

ノミやマダニが媒介する恐ろしい病気

↑これがマダニです。マダニが持つ「SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」で亡くなった患者さんの感染経路が猫からだった疑いが強いことが...

記事を読む

オウム・インコ類の病気

オウム・インコ類のヘルペスウイルス病 ヘルペスウイルス感染によって起こる致死的(50~90%)な急性感染症です。集団発生し、下...

記事を読む

手遅れになる前に!フィラリアの予防や対策してますか?

フィラリア症とは フィラリアとは寄生虫の一種であり、主に犬を宿主とすることが多い。 体内に侵入した後、循環器内に寄生...

記事を読む

オオアタマクサガメの子亀

オオアタマクサガメは希少? 同じ日に孵化した3歳位になるオオアタマクサガメの子亀です。5個産卵して5頭孵化したんですが、孵化して1年目...

記事を読む

にわとりの熱中症対策や予防

鶏小屋飼育は熱中症対策が必要 最近の記録的な猛暑で小屋飼育の鶏が全滅したとの話を聞きました。 そりゃそうですよね、連...

記事を読む

生き物飼育で大切なこと!それは『掃除』です!

生き物都合で行動する 生き物飼育で大切なのは1に掃除、2に掃除、3も掃除、全部掃除です。 犬や猫、鳥やカメも清潔でストレ...

記事を読む

マイフリーガードα猫用を滴下しました

ノミ・ダニの予防と駆除はお早めに 成猫にマイフリーガードαを滴下完了!なんかホッとします(笑) 子猫達ではウニにノミが居...

記事を読む

禿げタヌキを治療したいんだが~其の3

雄タヌキへの3回目のイベルメクチン投与が完了しました。 もう夏毛へと換わっていて、脱毛箇所もありませんし完治していると思われる...

記事を読む

クサガメへの投薬

片手がない雌のクサガメを長年飼育していると、産卵期の今時期は産卵場所を探して歩き回って、特に両後ろ脚の皮膚が擦り剥けて化膿する場合が...

記事を読む

禿げタヌキを治療したいんだが~其の2

最初の投薬から7日目となりますので、2回目の投薬をしました。 前回、2週間おきでの投薬と記載しておりましたが、7日間おきでの投...

記事を読む

子猫の成長と性格

5/7日に誕生して本日で61日となりました。この間に2頭がなくなりましたが、亡くなった子達の分まで長生きして欲しいです。 名前...

記事を読む

禿げタヌキを治療したいんだが~其の1

(写真は他サイトからの借り物ですが、自宅庭やその周辺に出没する疥癬タヌキは写真の個体とそっくりです) 禿げタヌキが庭に出没 1~2年...

記事を読む

子猫が風邪を引いたようです

昨日まで飛び跳ねて元気だった子猫が今朝、ご飯を与えに行くと元気がなくてですね、鼻水ズルズルでくしゃみが止まらなく風邪?のような症状で、ネ...

記事を読む

ピュリナの子猫用キャットフードは要注意

子猫に歯が生え始めてきたので離乳食用にとウェットフードを買ってきました。商品名は、ピュリナ/フィリックス/やわらかグリル/子ねこ用/ゼリ...

記事を読む

大切な種卵を発送する時に便利な卵パック

鶏等の繁殖期には種卵を販売する機会も多いと思いますが、発送する際にはどのように梱包していますか? 当方は卵パック(4個タイ...

記事を読む

バイロシン(海外版バイトリル)が届きました

今回はネット環境がない鶏飼いの知人の代行で注文 シンガポール(国際交換局)を2018/05/23に発送、2018/06/01に...

記事を読む

衰弱した子猫への授乳は難しい

自宅周辺をうろうろしていた迷い猫(捨て猫?)。 なんかちょっと太っているな~とは感じたもののあまり気にせずに部屋で飼っていたん...

記事を読む

イシガメやクサガメの餌

イシガメやクサガメの餌として《鯉餌》の咲ひかり・育成用浮上Lサイズを使用しておりましたが、原材料の高騰により商品価格も高くなり買えなくな...

記事を読む

うさパラから今治タオルが届きました!

なんというか太っ腹ですね。 今回はうさパラ X 今治タオルとのオリジナルタオルを頂きました。 うさパラで...

記事を読む

ペット医薬品通販のうさパラでオリジナルポーチを貰いました

フィラリア・ノミダニ薬がどこよりも格安なペット医薬品の個人輸入代行のうさパラでオリジナルポーチを貰いました。 ...

記事を読む

偽卵で産卵を抑制

一般的に多く産卵すると寿命が短くなると言われています。そのため産卵を抑制する方法として偽卵を使用しています。 鶏の雛が孵化する...

記事を読む

えっ!新婚旅行でサイパン島ですか…

知人から新婚旅行でサイパン島へ行くとの連絡があった。 なんでよりによってサイパン島なん?と聞いてみると嫁の希望で海がキレイだからだ...

記事を読む

ミミズの増やし方

ミミズは真正の両性動物で、雄と雌の両器官を一つの体内に持っています。 一つのミミズは他のミミズとで繁殖できますが、其れ自身では...

記事を読む

カインズのオンラインショップは使えない

普段は楽天やAmazonを利用しているのですが、楽天より価格や送料が安いネットショップは無いものかと探していたらありましたよ!それはカイ...

記事を読む

我が家の大和軍鶏の系統(血統)

異血の血統 初めての大和軍鶏、2015年05月22日生まれ(雌) 熊本県のH氏より種卵を分譲頂き、孵卵器で孵化させました。 ...

記事を読む

どこから来たんだい?

1週間ほど前から自宅周辺でチラホラ見掛けていた小猫 少し痩せてはいるけれど、食欲はある。左目が炎症を起こしているようなので...

記事を読む

海岸でかき殻拾い

※海岸でかき殻を拾ってきました かき殻の添加量の目安 配合飼料にかき殻は1~2%添加が理想 コーネル大学のスコ...

記事を読む

コンゴー孔雀 Congo peacock

此れは最も近代に発見された鳥で、アフリカ(エチオピア区)には雉はいないと言われていたのですが、此の鳥の発見で、唯、1種類雉がアフリカ...

記事を読む

鶏マニアは面倒くさい

なんだか鶏マニアは面倒くさいですね。 わざわざメールでお宅の鳥は…とか、飼育している鶏の自慢話や幾らで買ってきたというような話...

記事を読む

カンムリセイラン Crested Argus

此の鳥は日本の鳳凰の原形だと言われている鳥で、支那ででも霊鳥として取り扱われました。 原産地は安南、マレーですが、現在...

記事を読む

セイラン Great Argus

セイランは孔雀相当の大きい鳥ですが、小孔雀と近縁の鳥です。 孔雀が金銀の光沢があるのに対し、セイランは金属光沢はありま...

記事を読む

ベニジュケイ Temminck’s Tragopan

此の鳥も非常に美しく、支那で飼育者に幸運をもたらす鳥として、長年禽舎で飼われました。 繁殖期に喉から出す肉垂は他のジュケイ...

記事を読む

ヒオドシジュケイ Satyr Tragopan

5種のジュケイの内、本種が1番大きく立派で、又入手の割合が容易なものです。 然し、今、日本では東京の上野動物園が飼っている...

記事を読む

ジュケイ Tragopan

ジュケイは印度、ビルマ、支那の高山にいる鳥で、支那ではツノ雉と言っています。 中々立派な又高価な鳥ですが、適当な注意の下で...

記事を読む

16歳まで加入可能なペット保険のペッツベスト

小額短期保険会社と損害保険会社の違い 人気のペッツベストはペッツベスト小額短期保険株式会社です。 あれ? 保険は...

記事を読む

パラワン小孔雀 Palawan Peacock Pheasant

此れが一番美しい小孔雀だといわれているのですが、パラワン島だけに産します。 羽冠は長く、濃緑色で、金属光沢があります。雌も...

記事を読む

ジャーメイン小孔雀 Germain’s Peacock Pheasant

此の鳥はそう臆病ではありません。原産地では殆ど年中繁殖します。 即ち雛が大きくなって、母鳥から離れて独立出来る様になれば、...

記事を読む

灰色小孔雀 Grey Peacock Pheasant

此れは広範囲の地域に棲息し、シッキム、ブータン、ビルマ、トンキン、ハイナン、タイ、ラオス、ベトナム等にいます。 後述するジ...

記事を読む

小孔雀 Peacock Pheasant

小孔雀と名付けられていますが、後で述べますセイランに近似の鳥です。 両者は卵を1クラッチに2個しか産卵しません。 ...

記事を読む

チャボ(矮鶏)

チャボは愛玩用として誠に好適な鶏で、此れは小さい物ほど喜ばれるのです。 此れも東南アジアが原産地の様ですが、日本へは300...

記事を読む

土佐の尾長鶏

尾長鶏は朝鮮から来たものだという人もいますが、土佐の人々が東天紅とか小国から作出したものと見る可きで、日本だけにしかいない鳥で、欧米...

記事を読む

日本鶏とチャボ

(我が家の大和軍鶏) 日本鶏とチャボは雉の1種であります。鶏は前述の様にアカエリヤケイが家禽化したもので、其の歴史は非常に古く、7...

記事を読む

ヤケイ Junglefowl

鶏の先祖ヤケイとは? ヤケイは鶏の先祖として重要であり、また興味深いものです。 古代人は食用として、また、闘鶏用...

記事を読む

エボシ雉 Cheer Pheasant

分類学上、1種で1屬をなす極めて特異な鳥で、日本でも少しですが来ております。 ヒマラヤの西部と中央部に産します。外観はシル...

記事を読む

ミミキジ(カケイ) Brown eared-pheasant

大きくて立派な雉です。チベットから支那の北西部に棲む高山鳥で、高山にだけしかいません。 此の鳥は、他の雉にない特徴のある姿...

記事を読む

可愛いだけでは飼えないコールダック

ヤフオクを見ているとコールダックの種卵が1個、入札価格5,250円だって。 ちょっと高すぎですよね。 手放す方も...

記事を読む

くず米の埃とり

マガモやニワトリの主食餌としてくず米(玄米)を使用しています。くず米の入手先は農家から直接購入しています。 本来、くず米は...

記事を読む

ニジキジ Himalayan Monal

此れは羽毛に強い金属光沢を持つ大きい雉で、高山鳥の一つで3種あります。ヒマラヤニジキジ、スクレータニジキジ、支那ニジキジの3種ですが...

記事を読む

ミカドキジ Mikado Pheasant

ミカド雉は台湾の高山にだけしかいない鳥ですが、台湾には尚他にも2種の雉がいます。 即ちサンケイと台湾雉(リングネック)です...

記事を読む

シマハッカン Siamese fireback pheasant

シマハッカンの特徴 印度支那南部の森林にいる此のシマハッカンは強くて、大きく、又美しい立派な鳥で、恐らくは最も美しい雉の1つに...

記事を読む

尾白腰赤雉 Malay Crested Fireback Pheasant

腰赤屬の雉の特徴は体形が雉としては大きく、暗青色が体羽の基調色で、尾は比較的短く、脚は高いことで雄の腰には銅赤色とか黄色の斑紋があり...

記事を読む

27歳が580億円を1日で補償できる世の中って・・助かった【530億円ハッキングされるも全額補填】

1/26日にコインチェックが530億円相当の仮想通貨NEM(ネム)をハッキングされる事件が起こりましたが皆様如何お過ごしでしょうか?...

記事を読む

真孔雀

雉科の最大最美の鳥で、又インドクジャクより色彩にも富んでいます。 脚はインドクジャクより長く、上がり直立で、頸もより長いで...

記事を読む

ハグロ孔雀

(写真はインドクジャク) 此の孔雀はインドクジャクより立派だといわれています。 突然変異種ですが、インドクジャクの翼羽に...

記事を読む

インドクジャクの白変型の白孔雀

インドクジャクの白変型の此の白孔雀は、何時頃からいるものか、又誰が作出したかも明らかではないのですが、可なり古くからいるようです。 ...

記事を読む

インドクジャクの飼育繁殖法 Common peafowl

成鳥の孔雀の飼い方は一般雉類のそれと同じで良いのですが、半径2mにも及ぶ尾筒の羽のディスプレーの為に、可なり広い場所を必要とします。...

記事を読む

ヒュームス雉 Hume’s Bar-Tailed Pheasant

北ビルマに産する此の鳥は久しく文明国で飼われていなかったので、太平洋をかつて渡った事がなかったのです。 以前、日本に輸入さ...

記事を読む

カラヤマドリ Elliot’s pheasant

此の鳥も中々美しい鳥で、或は我がヤマドリより美しいかも知れません。尾はヤマドリの方が遥かに長く立派です。 以前、良い種禽が...

記事を読む

香川で鳥インフル9万羽殺処分へ

四国で初めて病原性鳥インフルエンザが発生した香川県は、採卵鶏やブロイラーの飼育数が推計約700万羽に上る「養鶏県」として知られる。 ...

記事を読む

ヤマドリ Copper Pheasant

ヤマドリの特性 台湾のミカド雉、支那南部に産する尾長雉とカラヤマドリ等にヤマドリは近縁で、日本雉と共に日本特有の鳥です。 ...

記事を読む

保護していたハイタカ Sparrowhawk

以前、保護していたハイタカの動画です。 恐らくスズメを追いかけていて誤って窓ガラスに激突してしまったのでしょう、立っことも...

記事を読む

コサンケイ Edwards’s pheasant

此の鳥も日本では数は少ないのですが、時折、飼っている人を見ます。 サンケイよりも小さく、従って狭い禽舎で飼うことができます...

記事を読む

ウスズミハッカン Lineated Kalij

南ビルマの産で、日本には数少ないです。雄は全体として灰色ですが、羽の中に非常に細い白条が黒色の基地の中にあって非常に美しいです。 ...

記事を読む

黄身の色が濃いほどおいしいという誤解

卵の裏側 とある食レポの掲示板を見ていたらどこかの主婦が得意そうに卵について語っていた。 卵は、白い卵より赤い(通称...

記事を読む

サンケイ Swinhoe’s pheasant

此れは台湾に産する大きい雉です。 雄は羽冠と上背、中央尾羽が白く、此れが全身の青色の中によく目立ちます。 雌は褐...

記事を読む

ハッカン Silver Pheasant

ハッカンも亦、金鶏、銀鶏に劣らない立派な美しい鳥で、それらより体が大きいです。 小鳥の方で、ウグイス、オオルリ、コマドリを...

記事を読む

銀鶏 Lady Amherst’s Pheasant

銀鶏は金鶏より体が一廻り大きく、或いは金鶏より立派かも知れません。 金鶏で良く目立つ色は赤と黄ですが、銀鶏では清純な白...

記事を読む

鶏コクシジウムの治療と予防

コクシジウムの駆除にバイコックスが使われています。牛用と豚用がありますが、成分はほとんど変わりません。 日本は100mlで...

記事を読む

コウライキジ common pheasant

此の雉は日本雉より美しいという人があるかも知れません。 大陸コルチカス系の雉で、台湾雉、蒙古雉、支那雉、コーカサス雉、ゴビ...

記事を読む

日本雉 Green Versicolor Pheasant

皆様も知っておられる通り、此れは日本の国鳥に指定されています。 国鳥に指定された理由は次の通りです。(黒田長礼著書より) ...

記事を読む

オナガキジ Reeves’s pheasant

此の鳥は其の名が示す如く、尾が特に長いのが特徴で、普通は1mですが、2m近くになるものがいます。 我が国には徳川時代からい...

記事を読む

キンケイ Golden Pheasant

金鶏の特徴 此の鳥は我が国にも古くから伝わり、徳川時代には繁殖もなされていた事が解っています。 金の鶏と書きますが、鶏とは何...

記事を読む

キーウィ Kiwis(Apterygidae)

キーウィの生態 キーウィは今ニュージーランドを訪ねても、中々見る事はできません。 此の国の特産なのですが、数が減...

記事を読む

ヒメウズラ Painted Quail

雉科中最小の鳥ですが、インド、支那南部、アフリカなどに産します。本属には多数の亜種があります。脊面にはオリーブ褐色ですが、蒼灰色、黒...

記事を読む

カンムリシャコ Crested Partridge

此れは非常に美しい、また高価な鳥です。マレー半島とボルネオに棲む鳥で、森林地帯におり、昆虫と果実が主食である為、禽舎で飼う場合は蛋白...

記事を読む

イワシャコ Chukar Partridge

此れも種類は沢山ありますが、ウズラと雉の中間の大きさで、中々美しい色彩の鳥です。 ヨーロッパ南東部とアジアの一部に産します...

記事を読む

日本ウズラ Japanese quail

野生ウズラは本州、北海道、樺太、南千島、朝鮮、支那、伊豆七島、四国、九州、奄美大島、琉球、台湾、インドシナ北部、タイ、ビルマ、アッサ...

記事を読む

ウズラの雌雄の見分け方

アメリカウズラは雌雄で外観は似ていますが、然し多くの場合、特徴も現れており、外観で雌雄の判別が出来ます。 アメリカウズラの雌雄の見分け...

記事を読む

アリゾナ白マダラウズラ Mearns Quail

此れも稀種で高価です。メキシコに多いウズラではありますが、前のツノウズラと並んで、非常に美しい又、愛されるウズラです。 最...

記事を読む

ツノウズラ Mountain Quail

此のウズラが最も高価で、北米のウズラの中で一番大きく美しく立派だと言われています。 頭頂には非常に長い(長さ5~7cm)2...

記事を読む

ノミ・ダニ駆除剤が6.000円だって

ノミ・ダニ駆除剤は通販が安い 犬に寄生虫(ノミ・ダニ)居るらしくて、両親が犬を連れて朝から動物病院へ行った。 帰宅してノ...

記事を読む

クリハラウロコウズラ Chestnut Bellied Bluescale

雄は腹部に大きい黒褐色の斑紋があり、此れで雌と区別できます。 胸にウロコ状のアミメの羽が沢山有り、羽冠は大きいのですが短く...

記事を読む

ボブホワイト Bobwhite Quail

ボブホワイト=コリンウズラとも呼ばれています。此の種には、ブロンド・レッドおよびホワイト・ボブホワイトがおり、此の3種はボブホワイト...

記事を読む

ズアカカンムリウズラ Gambel’s Quail

カンムリウズラと良く似ていますが、頭頂が赤茶であること、雄の胸に黒の大きい斑紋があることが特徴です。また、脇羽も赤茶が強いこともカン...

記事を読む

ニワトリの疥癬治療

ニワトリ疥癬症とは ニワトリアシカイセンダニが寄生して起る皮膚病で、ニワトリでは脚に増殖性の角化した痂皮形成と趾列の変形を認め、重症に...

記事を読む

カモハクチョウ Coscoroba swan

此のカモハクチョウは上述のハクチョウ類に近縁でありますが、別の1屬1種をなしています。琉球鴨にも近縁です。 嘴は赤色で、脚...

記事を読む

ナキハクチョウ Trumpeter swan

スワンの中で最大のもので、アメリカで絶滅が心配されたのですが、現代ではかなり増加してきているようです。 ナキハクチョウの特...

記事を読む

クロエリハクチョウ Black-necked Swan

小型のハクチョウで、頭部と頸の全部が黒色で他は純白、脚はピンクで尚、嘴の基部には赤色のコブがあり大変色彩的に美しいです。 ...

記事を読む

ハクチョウ Whistling Swan

(写真はオオハクチョウ) 全身純白で唯一、嘴の黒色の中で眼の前に黄色の斑点がありますが斑点がないこともあります。 最小の...

記事を読む

オオハクチョウ Whooper swan

嘴の先は黒ですが、基部から鼻孔まで黄色なものをオオハクチョウといいます。 全身白色ですが、脚は黒く、虹彩は褐色でコブはあり...

記事を読む

コクチョウ Black Swan

頸が非常に長く、全身黒灰色で初列および次列風切り羽が白色で3列風切りは黒色です。 虹彩は赤、嘴は紅色で、コブがなく先端近く...

記事を読む

コブハクチョウ Mute Swan

此れが一番立派で、一番大きく又、世界の動物園や公園などで最もよく飼われて、半家禽状態になっています。 野生のものはヨーロッ...

記事を読む

エジプトガン Egyptian goose

日本の動物園にも良くいる雁で、かなり大きいです。 ツクシガモに近縁で、闘争性が強く鴨とか他の雁類を虐め又殺す事がありますの...

記事を読む

スポンサードサーチ